ホンダ・ライブディオJ(AF34) シリーズ
原チャリの車両カタログ

  1. 原チャリ修理.comTOP
  2. ホンダ・ライブディオJ(AF34)

ライブディオJ(AF34)

ライブディオJのうんちく

ライブディオJは、1999年9月にライブディオがマイナーチェンジを受けた際に同時設定された「ちょっと安い」バージョンモデル。99年のマイナーチェンジは、原付1種対象の平成10年排出ガス規制に適合するためのもので、エンジンの仕様などは同年モデルのライブディオと同じ。違いは、フロントブレーキがドラム式(機械式リーディングトレーリング)になっていたことだった。そもそも、ライブディオが97年モデルで前輪に油圧式ディスクブレーキを採用してから、3年も経っていない中で、再び前後ドラムブレーキ仕様車が復活したことになった。その理由は、装備を奢っていくなかで上がった価格を抑えるため。14.4万円の車両価格は、94年登場時の初期型ライブディオと同額だった。なお、同じなのは価格だけでなく、メーカー型式も。ライブディオJの型式はBB-AF34で、初期型ライブディオはA-AF34。ハイフン(-)前の排ガス識別記号が異なるだけで、型式はAF34で同じだった(99年型のライブディオは、BB-AF35)。2001年モデルで、名称を「ライブディオS」に改めた。

ライブディオJの残念なところ

フロントサスペンションが弱い。
カラー練り込み外装はツヤが無く弱く、小衝撃でも割れる。
クランクケースにエアクリーナーが被っているため、単体で外れない。

ライブディオJの諸元(初期型)

タイプグレード名Live Dio J
モデルチェンジ区分新登場
型式BB-AF34
発売年1999
発売月9
仕向け・仕様国内向けモデル
全長 (mm)1675
全幅 (mm)615
全高 (mm)995
ホイールベース (mm)1145
最低地上高(mm)105
シート高 (mm)700
乾燥重量 (kg)67
車両重量 (kg)73
最小回転半径(m)1.8
乗車定員(名)1
燃料消費率(1)(km/L)49.0
測定基準(1)30km/h走行時
原動機型式AF34E
原動機種類2ストローク
気筒数1
シリンダ配列単気筒
冷却方式空冷
排気量 (cc)49
内径(シリンダーボア)(mm)40
行程(ピストンストローク)(mm)39.3
圧縮比(:1)7.1
最高出力(PS)5.6
最高出力回転数(rpm)6500
最大トルク(kgf・m)0.64
最大トルク回転数(rpm)6000
燃料供給方式キャブレター
燃料供給装置形式APBC
燃料タンク容量 (L)6
燃料(種類)レギュラーガソリン
満タン時航続距離(概算・参考値)294.0
エンジン始動方式セルフ・キック 併用式
点火装置C.D.I.式
エンジン潤滑方式分離給油(2スト)
2ストエンジンオイルタンク容量1.30
クラッチ形式乾式・多板・遠心
変速機形式Vベルト式・無段変速
変速機・操作方式自動変速
フレーム型式アンダーボーン
キャスター角25°40′
トレール量 (mm)72
ブレーキ形式(前)機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ正立フォーク
懸架方式(後)ユニットスイング式
タイヤ(前)3.00-10
タイヤ(前)構造名バイアス
タイヤ(前)荷重指数42
タイヤ(前)速度記号J
タイヤ(前)タイプチューブレス
タイヤ(後)3.00-10
タイヤ(後)構造名バイアス
タイヤ(後)荷重指数42
タイヤ(後)速度記号J
タイヤ(後)タイプチューブレス
スピードメーター表示形式アナログ
メーター表示:燃料計
車両装備:ヘルメット収納
車両装備:シート下収納(シート下トランク)
車両装備:キャリア
車両装備:センタースタンド

みんなで投票!

ライブディオJ(AF34)の評価

選択肢 投票
swfu/d/bigsmile.png カッコイイぞー! 6  
swfu/d/smile.png 乗りやすいっす! 4  
swfu/d/wink.png 装備が満足ですよ! 2  
swfu/d/wink.png 機能的でイイっす! 4  
swfu/d/smile.png ふつーにイイと思う 2  
swfu/d/huh.png どっちでもないな~ 0  
swfu/d/sad.png 多少不満があるなぁ~ 1  
swfu/d/worried.png 不満がありありっす! 0  
swfu/d/oh.png いやぁ~最悪!! 0  

投票ありがとうございました。

Tag: HONDA AF34 LiveDIOJ ホンダ ライブディオJ 取扱説明書 取説

a:6476 t:1 y:0