スズキ・セピア(CA1EA) シリーズ
原チャリの車両カタログ

  1. 原チャリ修理.comTOP
  2. スズキ・セピア(CA1EA)

セピア(CA1EA)

セピアのうんちく

1989年4月発売。当時はメットイン機能が一部のスクーターに採用され始めた時期であり、セピアはアドレスよりもコンパクトで安価なメットインスクーターとして人気となった。CMキャラクターは井森美幸[3]。発売当時の価格は129,000円。特徴として、シート下の大容量パーソナルスペースに、ヘルメットなどの格納が可能。シート下スペースに内張や照明を設置。シートを開けることなくガソリンやオイルの給油が可能なフューエルリッドを装備。強度と剛性を保つ板金モノコック(シート下スペース周辺)とパイプフレームを併用。低いシート高(675 mm)コンパクトなボディサイズ。最高出力6.8 PS/7000 rpm。年間販売目標台数は10万台

セピアの残念なところ

フレームとメットインスペースが一体のため、ひじょうに整備性が悪い。
防蝕性能が悪く、サビだらけの車体になる。
アルミの質が悪く、雨にあたるとすぐにアルミサビが出る。
フレーム剛性が良くない。
計器スイッチ類の品質が悪く接触不良や作動不良が多い。
駆動系の作りが悪く、経たりが早い。
エンジンシリンダーのメッキ技術が弱く、ほぼすべての個体で焼き付いている。
樹脂パーツの品質が悪く、すぐにカサカサ状態になる。
CDIとイグナイターが一体のため、パーツごとの交換が不可。

セピアの諸元(初期型)

タイプグレード名SEPIA
型式CA1EA
発売年1989
発売月4
仕向け・仕様国内向けモデル
全長 (mm)1640
全幅 (mm)605
全高 (mm)975
ホイールベース (mm)1140
最低地上高(mm)124
車両重量 (kg)69
乗車定員(名)1
燃料消費率(1)(km/L)67.2
測定基準(1)30km/h走行時
原動機型式A131
原動機種類2ストローク
気筒数1
シリンダ配列単気筒
冷却方式空冷
排気量 (cc)49
2スト・吸気形式ピストンリードバルブ
内径(シリンダーボア)(mm)41
行程(ピストンストローク)(mm)37.4
圧縮比(:1)7.4
最高出力(PS)6.8
最高出力回転数(rpm)7000
最大トルク(kgf・m)0.72
最大トルク回転数(rpm)6500
燃料供給方式キャブレター
燃料タンク容量 (L)3.7
満タン時航続距離(概算・参考値)248.6
エンジン始動方式セルフ・キック 併用式
点火装置C.D.I.式
点火プラグ標準搭載・型式BPR5HS
搭載バッテリー・型式YT4L-BS
エンジン潤滑方式分離給油(2スト)
2ストエンジンオイルタンク容量0.80
クラッチ形式乾式・多板・遠心
変速機形式Vベルト式・無段変速
変速機・操作方式自動変速
動力伝達方式ベルト
キャスター角24°50′
トレール量 (mm)65
ブレーキ形式(前)機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)テレスコピックフォーク
懸架方式(後)スイングアーム式
タイヤ(前)3.00-10
タイヤ(前)構造名バイアス
タイヤ(前)プライレーティング2PR
タイヤ(後)構造名バイアス
タイヤ(後)プライレーティング2PR
ホイールリム幅(前)2.15
ホイールリム幅(後)2.15
ヘッドライト定格(Hi)25W/25W
テールライト定格(制動/尾灯)18W/5W

みんなで投票!

セピア(CA1EA)の評価

選択肢 投票
swfu/d/bigsmile.png カッコイイぞー! 6  
swfu/d/smile.png 乗りやすいっす! 4  
swfu/d/wink.png 装備が満足ですよ! 2  
swfu/d/wink.png 機能的でイイっす! 4  
swfu/d/smile.png ふつーにイイと思う 2  
swfu/d/huh.png どっちでもないな~ 0  
swfu/d/sad.png 多少不満があるなぁ~ 1  
swfu/d/worried.png 不満がありありっす! 0  
swfu/d/oh.png いやぁ~ 最悪!! 0  

投票ありがとうございました。

Tag: SUZUKI CA1EA SEPIA スズキ セピア 取扱説明書 取説

a:59 t:1 y:0